ヘルペスウイルスは色々ある

af9920077874l医学の発達に伴って、世界中でさまざまな薬の開発が行われています。
その中にバルトレックスという薬があります。
この薬はウイルスDNAの複製を阻害することによって、そのウイルスの増殖を抑えるという働きがあります。
一般的に帯状疱疹や単純疱疹、水痘の治療や性器ヘルペスの再発や抑制に使われることが多いです。
ヘルペスウイルスは色々あるとされていますが、ヘルペスウイルスは基本的に細菌よりも小さな生物で、他の生物の細胞の中に入り込むことによって、そこで増殖を行い水ぶくれや赤い発疹という症状が出てきます。
バルトレックスはこのヘルペスウイルスが増殖するためのDNAの複製を阻害して増殖を防ぐのです。
したがって抗ウイルス薬と言うことになります。
この薬の大きな特徴は、症状が軽いうちに使用すると効果が高く、治療も比較的簡単に行うことができると言うところです。
またヘルペスを繰り返し発症するという一人は、ヘルペスを発症する時期になると事前にこの薬を服用することで、防止することもできます。
またヘルペスウイルスは色々ある中で、単純ヘルペスウイルスに対して強力な効果があるだけでなく、性器ヘルペスなどの再発の抑制をすることもできます。
服用方法としては、基本的には症状によって1日1回500ミリグラムを1錠から3錠服用します。
早い時期に服用した場合には薬の吸収も早く効果も高いので、少ない量で短期間で治療をすることができます。
性器ヘルペスの再発防止として服用する場合には、1日500ミリグラムを1錠飲むようにします。
水痘の場合には成人や体重が40キログラム以上の子どもは、1回1000ミリグラムを1日3回服用するようにします。
いずれの場合も医師の指示にしっかりと従うようにします。