じぇじぇじぇ!バルトレックス

じぇじぇじぇ!ヘルペスウイルスの殺菌効果が、こんなに高い!バルトレックスを使うなら今でしょ!

オーラルセックス後の痛みの症状にバルトレックス服用

性感染性とは、一般的に性的行為によって、感染する感染症です。
性感染性の種類は、15種類以上あります。カンジダ・クラミジア・ヘルペス・梅毒・淋病・コンジローマ・エイズなど様々な病気があります。最も感染しやすい病気は、カンジダとクラミジアです。
性感染性は、性行為によるものだと考えられていますが、これに限りません。粘膜が触れ合うようなオーラルセックスによっても、感染します。
意外に知られていない感染症は性器ヘルペスです。ウイルスによる口唇ヘルペスや帯状疱疹は、よく見聞きするので知られていますが、性器ヘルペスは、感染して医療機関に受診して初めて、知ることが多いようです。
性器ヘルペスの症状は、最初は、陰部に赤い発疹が出ます。それがただれて、相当な痛みを伴います。高熱の女性高熱が出ることも多いです。特に女性の症状は、排尿時に辛い痛みがあります。
性器ヘルペスの治療に効果を発揮するのが「バルトレックス」という、治療薬です。バルトレックスは、吸収率が良く、高い効果が期待できます。副作用もなく飲みやすいです。性器ヘルペスは、バルトレックスの服用により、症状は軽減されます。しかし、再発の可能性は80パーセント以上と高く、疲れた時はストレスがかかっているときに再度、発症するので注意が必要です。
性器ヘルペスは、産婦人科や泌尿器科、性病科で治療が可能です。少しでも気になる症状があったり、自覚症状がなくても、パートナーに症状があったり診断された場合は、早めに医療機関に受診しましょう。
性行為だけではなく、オーラルセックスなどで感染するので、日頃から予防が重要となります。コンドームを使用したり、何か症状がある場合は、オーラルセックスも避けることなど、拡大感染を防ぐように、心がけましょう。