じぇじぇじぇ!バルトレックス

じぇじぇじぇ!ヘルペスウイルスの殺菌効果が、こんなに高い!バルトレックスを使うなら今でしょ!

バルトレックスの注意点・副作用

バルトレックスは、ウイルスDNAの複製を阻害することによりウイルスの増殖を抑え、単純ヘルペスウイルス、帯状疱疹ウイルスに効果のある薬です。
体内で抗ウイルス作用を持つアシクロビルに変換されて効果を発揮し、吸収効率が良いのが特徴です。
バルトレックスは、単純疱疹や帯状疱疹、水痘などの治療に使用され、用法や用量は各疾患により異なってきます。
単純疱疹の場合は、成人は1回500ミリグラムを1日2回、帯状疱疹は1回1000ミリグラムを1日3回経口投与を、水痘の場合は、成人及び体重が40キロ以上ある小児は1回1000ミリグラムを1日3回経口投与します。
バルトレックスの注意点と副作用については、服用中は水分を多めにとるようにし、意識低下が起こることがあることから、自動車の運転などは十分注意する必要があります。
腎臓が悪い人や高齢者は薬の排泄が遅れがちなため、投与間隔を延長するようにします。
早期服用により効果を発揮しますが、服用を中断してしまうと治癒が遅れたりすることがあるので気を付けたいです。
副作用は、頭痛や目眩、意識低下、発疹、痒みなどが挙げられますが、副作用は総じて少ないほうです。
まれに呼吸困難、全身倦怠感、昏睡、幻覚などがあらわれた場合は、服用を中止して医師の診察を受けるようにします。