じぇじぇじぇ!バルトレックス

じぇじぇじぇ!ヘルペスウイルスの殺菌効果が、こんなに高い!バルトレックスを使うなら今でしょ!

発展途上国と性病・無料検査の実態とバルトレックス

日本の年間海外旅行者数は、1700万人以上と言われています。旅行中は気持ちが大きくなり、普段やらないようなことにまで挑戦したくなるものです。
ただし、性交渉に関してはあまり開放的にならないほうが良いです。道徳的な問題もありますが、発展途上国ではHIV(ヒト免疫不全ウィルス)に感染している人の割合が多いからです。
HIVに感染しても、抗HIV薬を使ってエイズの発症をコントロール出来るようにはなってきましたが、一度感染してしまうと完全にウィルスを体から排除することができないという怖さがあります。
アフリカでは成人の3~5人に1人がHIVに感染していると言われていますし、東南アジアなどの発展途上国では性教育を受けることができない低所得者層を中心に、感染が広がっている状態です。
もし発展途上国に旅行に行っても、風俗店など不特定多数の人が出入りしている場所での性交渉は避けるべきです。
日本に帰ってきてから心配になってきたら、保健所に行けば無料でHIVの検査を受けることが出来ます。病院では検査代以外に診察料や初診料がとられますが、保健所は基本的に無料です。HIV以外の性病検査はあまり行われていないのがデメリットですが、HIVの検査は無料で受けやすいので、心配があれば利用してみると良いでしょう。
性病のひとつ、性器ヘルペスに対してはバルトレックスという薬が使われます。抗ウィルス薬の一種で、体内に入ると効果を発揮するプロドラックです。バルトレックスはヘルペスウィルスの増殖を防ぐ働きがあり、初感染の症状緩和にも、再発予防にも効果を発揮します。バルトレックス以外にも塗り薬がありますが、使いやすさと効果の面ではバルトレックスが優れています。